神山温泉~ホテル四季の里&いやしの湯~
徳島県にある里山の湯「神山温泉」より、イベント情報や周辺の観光地などの最新情報をお届けします。

剣山の紅葉

  
「友人と剣山へ行こう」と誘われて、紅葉狩りに行ってきました。
神山町から剣山への道は、地図で見ると立派な太線で「国道438号線」と、
表記されているのですが、山道の運転に少し自信の無い私にとっては、
ちょっと、遠慮がちになってしまう険しい山道だったりします。

なので、私は、今回は、助手席で風景を眺める任に就きました。
山道もばっちりの友人の隣で、ジュースを飲んだりするのも重要な役目です。

剣山の山頂をめざした日記は長くなるので、
続きをご覧ください。



 
 
神山町から川井峠を越えて「木屋平村(こやだいらそん)」へ入り、
さらに西進して「見ノ越(みのこし)」まで、2時間の道のりでした。

剣山登山リフトの乗り場までの、短い距離を少し歩きながら、
山の空気を満喫します。(普段から差と山の空気は満喫していますが)

意気揚々とリフトに乗り込みました。
遊園地気分で乗ったリフトは、思ったよりもちょっと無骨な印象でしたが、
自然を満喫するには良い味わいを醸し出していたように思います。
剣山登山リフト「見ノ越駅」から「西島駅」までは約15分。

頂上へという気持ちで、上ばかり見ていた私ですが、友人の声に振り向いてみると、
背後には、太陽の光で暖かく照らされた紅葉の山々が広がっていました。
その眺めは、とっても綺麗で、私達は、何度も振り返り、
すっかり満喫していた私ですが、ふと我に返ると
空気が、また一段と冷えて来ていることに気が付きました。

そういえば、リフト乗り場で「山頂 7℃」という表示があったのを思い出しました。
内心、「しまった!」と思いつつもここまできたら、
山頂まで行きたいのが人情というものです。
残りは、960メートル・・・・1kmにも満たない距離で、歩いていれば暖かくもなるはず!
と、希望的観測を頼りに、最後の難関に挑みます。
(というか、此処までは、助手席とリフトで楽々ですが・・・・。)

普段の運動不足が祟ってか、少し歩くと、すぐに息が上がってしまい、
「こんな、はずじゃなかったのになぁ・・・・」と思いながらも、必死の行軍です。
友人が、杖を借りてきてくれたので、即、杖を使って上りきってきました。

山頂は、霧が立ち込めていて、神秘的な雰囲気でした。
風が吹くと霧が流されて、ものの数10秒で景色が一変してしまいます。

登頂の達成感と、その不思議な光景に、すっかり魅了されてしまった私達は、
そのまま、目の前に広がる絶景を眺めていていましたが、
いよいよ、寒さも厳しくなってきたので、下山することにしました。

余韻に浸りながら、山道を下っていると、予想以上に足に負担がかかっていたようで、
少し、頼りない私のひざが、少しぐらっとくることもしばしば・・・・。

「ひざが笑う」っていうのは、こういうことなのかな・・・・などと思いつつ、
小さな旅のことの感想を語りながら、ひざと一緒に笑っておきました。

寒さに、指がしびれるような感覚を思い出す度に、
早く帰って、神山温泉の湯船に、ゆっくりと浸かりたいなぁ・・・と思いながら、
小学校以来、ものすごく久しぶりに行った、剣山を後にしました。


 
●リニューアルした神山温泉のホームページ : http://kamiyama-spa.com/
●電子メールでのお問合せ : info@kamiyama-spa.com
●気になるお天気情報:http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/36/7110/36342.html
交通アクセスPDF版 神山温泉案内図  Google Map 神山温泉
  ※カーナビでは対応しきれない部分もございますので、ご注意ください。
   
 

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamispa.blog38.fc2.com/tb.php/119-96c18a7f